敏感肌 化粧水

MENU

効果で選ぶ敏感肌用化粧水ランキング

効果で選ぶ敏感肌用化粧水ランキング

敏感肌に大事なのはスキンケア。
特に化粧水は、浸透力や成分にこだわったものを選ぶ必要があります。

 

当サイトでは、敏感肌におすすめの化粧水をご紹介しています。

 

敏感になっているお肌に使用するものだからこそ、まずはトライアルセットで試してみて、本当に自分の肌に合うかどうかを確認することも大切です。

人気の化粧水ランキング

ディセンシア アヤナス RC ローション

ディセンシア アヤナス RC ローション

  • 美容液のようなとろみのある濃密化粧水
  • 数多くのメディアに掲載されるほどの実力
  • 美肌サイクルを取り戻す独自の処方
  • 炎症を抑え、肌を健やかに保つ

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

4,860円

1,480円

乾燥タイプの敏感肌・年齢肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

メディプラスオーダーズ メディプラスゲル

メディプラスオーダーズ メディプラスゲル

  • 62種類もの美容成分配合
  • 防腐剤・香料・合成着色料フリー。肌への優しさにこだわったゲル
  • とろみのあるゲルが潤いをしっかりキープ
  • オールインワンゲルなので、スキンケアはこれ1本でOK

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

3,996円

3,996円(商品+サンプル多数)

乾燥タイプの敏感肌・年齢肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

ディセンシア つつむ ローションセラムE

ディセンシア つつむ ローションセラムE

  • 浸透率の高い保湿化粧水
  • 肌自らが潤う力を養う処方
  • アミノ酸などの必須保湿成分を贅沢に配合
  • とろみがあるのにべたつかず、気持ちの良い化粧水

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

3,672円

1,470円

乾燥タイプの敏感肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

オルビス アクアフォース ローション

オルビス アクアフォース ローション

  • すーっと浸透して、肌内部を潤してくれる
  • 「ティーゾーンがテカるのに他は乾燥する」といった不安定なお肌に内部からアプローチ
  • 比較的安価。少量で潤って、コスパも良い
  • 同ブランド他商品のサンプルがもらえる

 

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

1,615円

2,057円

インナードライ肌・荒れ性の肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

  • 浸透率の高いヒト型セラミドを配合
  • 長時間潤い続けるお肌に
  • 角質までしっかりと水分を補給
  • 成分を全て表示しているので安心して使用できる

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

3,240円

980円

乾燥タイプの敏感肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

  • 天然由来成分100%
  • 1滴の水さえも含まない100%美容成分で出来たジェル
  • 肌本来の美しさを引き出す処方
  • オールインワンタイプで、手軽に使える

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

15,000円

1,900円

乾燥タイプの敏感肌・荒れ性の肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

富士フイルム アスタリフト ローション

富士フイルム アスタリフト ローション

  • ナノリコピンとアスタキサンチンが美肌ケアを3倍にも高めてくれる
  • 3種のコラーゲンがみずみずしい肌へと導いてくれる
  • たるみがちなお肌もハリを実
  • 世界最小クラスのヒト型セラミドがぐんぐん浸透

単体価格

トライアルセットの価格

おすすめの肌質

3,800円

1,000円

乾燥タイプの敏感肌・年齢肌

 

 

詳細はコチラ

 

 

敏感肌の原因は?化粧水はどうしたらいい?

以前までは何のトラブルも無かったお肌が、突然敏感肌になってしまったといった体験はありませんか?急激なお肌の変化は、戸惑うことも多いと思います。突然敏感肌になってしまった原因は、何か考えたことはあるでしょうか?敏感肌になってしまう原因は様々で、体質の変化などもあり、これは仕方ないことですが、お肌に対して必要以上に負担を掛けている場合なども、敏感肌をわざわざ引き起こしているような状態です。最近では敏感肌を発症している方が多いようですが、その原因のほとんどは洗いすぎです。

 

ピーリングやスクラブなどを、必要以上に使っている方は特に注意していただきたいです。肌のぽつぽつが改善しないからと、ピーリングやスクラブを頻繁に使っていると、一気にお肌の必要な皮脂まで取られてしまい、敏感肌になってしまいます。

 

また、敏感肌を発症してしまった時にやってしまいがちなことですが、"パラベンフリー"や"アルコールフリー"などの言葉に惑わされ、きちんと敏感肌用の化粧水を選べていない方も多くいます。"フリー"といった言葉に惑わされず、敏感肌のお肌のことを考えて作られた、低刺激のもの、消炎剤などの敏感肌に剥いている化粧品を購入するようにしましょう。

 

また、始めて化粧水を使う時は、一気にたくさん使ってしまうと、お肌がびっくりして炎症を起こしたり、お肌に合わなかった時に炎症がひどくなってしまうので、慣らすという意味も込めて少量から使い始めてみましょう。泡立て不足での洗顔、コットンを使用しないで化粧水を付ける、クリームを塗らないといったスキンケアも、敏感肌には良くありません。

 

お肌のことを第一に考え、優しく丁寧にお手入れして下さいね。

 

 

敏感肌用の化粧水は肌を甘やかすのか

敏感肌用の化粧水を使っているとき、ふと、「これって肌にとっては甘やかしになるのかな?」と疑問に思うこともあると思います。また、使っている本人はそう思っていなくても、他から指摘されて不安に思う人も出てくると思うのですが、実際、敏感肌用の化粧品類は肌を甘やかしていることになるのでしょうか。

 

結論から言うと、敏感肌用の化粧水を使う事は、肌への甘やかしにはならないことがほとんどです。敏感肌用の化粧水を使い続けると肌の抵抗力が弱るから使用を控えるべきだという意見を見かけることがあると思いますが、それはほぼ根拠のない意見ではないかと思います。敏感肌用の化粧品類は、肌への負担を少なくするために、低刺激に作られています。

 

防腐剤が入っていなかったり、アレルギー反応を起こす成分を除いていたり、炎症を防ぐ成分を入れていたりする化粧品がほとんどです。これらは肌を甘やかすために作られたのではなく、肌を守るために作られたものですので、これを使い続けた結果肌の抵抗力が弱まるということはまず考えられないようです。

 

肌を甘やかすということは、高機能な化粧水に頼り続けていたり、過剰にスキンケアをすることが当てはまるのではないかと思います。そして、そのような化粧品を使っているからと言って、肌が鍛えられているという事もありません。

 

なので、敏感肌になってしまい、敏感肌用の化粧水を使い続けるようになったとしても、それは肌への甘やかしではありません。きちんと肌に合った方法ですので、不安に思う必要はないのではないかと思います。

 

・おすすめサイト
西日本化粧品工業会

化粧水選びに迷ったら、まずはこれ!

正直、どれを選んだら良いのか分からない…。というかたは、「ディセンシア アヤナス RC ローション」を選ぶことをおすすめします。

 

こちらは、敏感肌専門ブランドから販売されている商品で、とても高い実績のある化粧水です。

 

不安定なお肌をしっかりとサポートし、いつでも荒れにくいお肌へと導いてくれます。

 

お得なトライアルセットもあるので、まずは試してみるのが良さそうです。

 

詳細はコチラ

 
更新履歴